読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こばぶろ

日々のゲームの感想と反省など

上昇志向

こんばんわ、こばるとです。

ブログのPVが100超えたようでありがとうございます。

ネタが無いので自分の話ですが今日もつらつらと書いていきしょう

 

さて今日は対戦ゲームなどキャラクターについての話をば

「使用キャラクターを何のポイントで選ぶか?」は過去に記事で書きましたが

出来る事の少ないキャラの方が自分は好みだけで言えば好きです。

 

その場その場での行動の選択で、出来る事が少ないキャラの方が無数に出来る事があるキャラクターよりベストアンサーが選びやすいというのが大きいです。

頭の中で状況によって取れる行動をある程度決めておくとは思いますが、引き出しが少ない方が整理したりまとめやすいというのもありますね、

 

とはいえ、出来る事が多い方が対戦ゲームなどでは選択の幅が広がって

圧倒的に有利ですし、大体強い傾向にありますよね。

となると引出しの少ないキャラでも何か自分のキャラに出来る新しい事を探すわけです。量産されている同キャラ使いより進む為に一歩先に進みたいという理由もあります。 

 

そこで初めて、いわゆるテンプレ行動以外の行動を模索する段階なのでしょうが…

自分はこの引出しを探す行動がホントに大好きでしてw ある程度基本の事が出来る様になり、伸び悩んでくるとすぐ横に広がる傾向があり、引き出し探しが始まりますw だから更に成長も止まったりしますねorz

 

何が言いたいかというと何の事は無く、

私自身の反省と皆さんの反面教師にして頂きたい。

 

最初は技や出来る事が少ない入りやすいキャラで、

深み少しだけあるよ!みたいなキャラが自分は好きと言う話でした。

ネタが無いので主題はこんな感じでお願いします。

 

艦これの話、加古改二が来ました。

f:id:cobalt_1228:20150613030131j:plain

絵師の髪の塗り方が古鷹達と同じように濃くなった感じで灰色に見えていた部分が

真っ黒で別キャラみたいですね! 65レベらしいので育てないと・・・

 

徐々に艦これのアクティブユーザーも減って来たようで、内容が変わらなかったりやる事が一辺倒という部分で篩に掛けられて、本当に好きで満足してやっている人以外のユーザーが減っているんでしょう、悲しいですね。

しかし好きでやっている人もまだまだ多いのでイラスト投稿や動画など一芸あるファンの人も全然居ると思うのでこれからに期待していきたいです。

 

モンハンXの新情報や月末にはDMC4やFF14も出ますしこれからも楽しみです!

個人的にはファイアーエンブレムifも気になりますハードがなぁ…

では今日はこのへんで!

最近話題の

寝れないのでちょっと長めの記事を書きますよ

こんばんわ、深夜に目を覚ましてしまい寝れないこばるとです。

 

皆さんはこういう時は何かしますか?

何かしてしまうと大抵寝れなくなるのですが、

 

先日、かの有名な和製RPGテイルズシリーズの新作が発表されましたね

テイルズオブ・ベルセリア、後述する主人公の名前から取っているタイトルですな

シリーズ初(外伝などでは居る)の女主人公という事で、凛々しい系の出で立ち。

前作でトラブルが色々あったので頑張って貰いたい所です。

といっても20周年でアニメ化なりお祭りソフトなりするっぽいので何とでもなりそうですね

 

発売されたゲームでいうならスプラトゥーンなども出ましたね

 

Splatoon(スプラトゥーン)

Splatoon(スプラトゥーン)

 

 このゲーム、日本で流行るにはとても異色ですよね

自分もこれが流行っているというのは眉唾でしたがどうやら品薄になるくらい爆売れしてる模様。理由は友人と考察しましたがあんまり…

・有名実況者が動画化している

ツイッターでの今回の流行りゲーとして名前が売れた

そんなもんでしたか?Nintendoというネームバリューもあるかなとも思います。

 

さてさて、ではどんなゲームなんだよっつーことで、このゲームの内容の紹介と

今やっている大多数の人間は何を感じているのかを考えていきましょう

 

パッケージを見れば分かると思うが、こんなPOPでハイカラ、チャーミングな絵柄ってだけで昨今のライトな層は触りたがらないと思いますがそこはパッケで知った訳では無く、実況動画や評判から選んで買ったという事で割合。

TPSというのもライトな層は触りたがらないと思いましたが、人ではなく床を狙うという点や画面の中に書かれている情報が少ないという点で相殺されているのかな?

f:id:cobalt_1228:20150609035619j:plain

こんなんです。情報量は少ないよね? 

もっとも自分は情報が少なくて不安になるくらいの画面に見えますがw

 

カテゴライズとしては戦争TPSの陣取りモードに通づるものがあると思うのでそれじゃダメなの?と自分は最初に思いましたが、人を狙うAIMと言う部分や、残弾や戦力ゲージやリストなど画面に無い訳ですし戦争TPS程、難しそうに見えないという部分で皆食いついてるのかなぁ

 

では内容に触れていきます。

ゲーム終了時にポイントの高いチームが勝つ様で、それを稼ぐには

・床を塗る

・床を塗るサポートをする

・相手の床を塗る妨害をする(相手を倒す)

といった方法があります。

 

自分が比べていた既存のTPSと違う点はここでは全くありませんね

・場所を取る

・場所を取るサポートをする

・敵をキルする

 

しかし、どうやらこのスプラトゥーンのゲーム性や戦略性

ライトな層から大人な層までハマれる理由はここにあるのかなと思っていて

敵をキルして得られるポイントは全然増えないという所が大きいでしょうか?

 

確かに既存のTPSでは敵をキルするより陣地を取る方がポイントは高いですが、そんなにポンポン陣地を渡しあうという事はありません、一度奪ったらそこを防衛し続けるといったようなそれこそ現実と同じでエリアを重く見ている節がありますね

 

その結果、ターゲットキルで少しづつ増していったポイントで優劣をつけるのですが

そこはスプラトゥーンと全然違いまして、このゲーム塗られた床を塗りかえすとボーナスでポイントが多めにもらえたりします、このゲームの場合はタゲキルしても飛び散ったインクでポイントが入るだけで倒した事によるポイントは凄く少ないそうな、一戦一戦のゲーム時間の短さも相まってドタバタ感が大きいんですよね。

 

戦争ゲーと違って塗った色などで自分の行動が画面の中にどう関わっているか分かりやすいし、他のプレイヤーとやってSNSで騒いだり実況したり、このゲームは集まった8人をランダムにチームに割り振る(モードもあるとか)ので友達の友達と同じチームになり、SNSで関わりが増えていく、というのも昨今SNSの使い方とマッチして人気爆発しそうではある。

ライト層はそういうの大好きでしょうしプラスになっていると思います。

 

TPSでは嫌われる芋砂、安全なポイントから相手をスナイパーなどで打ち抜くのがその芋砂の行動なのですが、スプラトゥーンというこのゲーム。それではポイントが全然増えません。ここが真面目にやる大きなお友達にも嬉しい所なのでしょうか?

ゲームに貢献できないとランクも上がりませんし、芋砂するようなのは本当のキッズしか居ないでしょう。死ぬことによるデメリットも少ないこのゲームなら、積極的に相手の陣地を塗りかえした方がポイント自体は貰えますからね、その結果どうなるかはわかりませんが芋られるよりはマシでしょう

 

こういうチームでやるゲームは定石や戦術、動き方など最適化する事がソロゲームに比べてとても多いので筆者は好きですが付き合い方が得意ではありませんw 

仲間が居て楽になるメリットと仲間が居て気疲れするデメリットでどちらが大きく感じるかでこういうゲームの楽しさは上がるでしょう。

 

自分の事で置き換えますと、自分の頑張りだけではどうしようも無い負け状況や、自分が100のパフォーマンスを発揮しても他の要素で勝てなかったり、負けた時に自分を責める事が出来ないのは自分はあまり好きではないので、こういうゲームとは付き合い辛いのかもしれませんw そこも含めて楽しいと思えたら素敵ですね。

以上、スプラトへの自分なりの分析でした。

ちなみに私は持ってないので全部ただの僻みかもしれません。

 

 

夏色ハイスクル★青春白書 (略)

夏色ハイスクル★青春白書 (略)

 

 僕は興味があった夏空ハイスクルの出来が散々だったので、自分の青春は遠いです。

 

2500字!?書き過ぎィ!!

それではまた

ゲームへのモチベーション

こんにちわ

毎日凄い時間にブログを更新してますが今日は土曜日ですので、分かるな?

 

最近、凄い頻繁に友人にゲームセンターへ誘われます。

理由は新しい電撃FCのバージョンが稼働するとかで、今の内に詰める所を詰めておきたいんでしょうね。会う度に新しい咎められ方をされますw

家庭用の電撃FC、まぁこれですけども

電撃文庫 FIGHTING CLIMAX

電撃文庫 FIGHTING CLIMAX

 

 ブログに貼り付けはしましたが、この家庭版はオンラインマッチの回線がクソなので

オンライン戦はほとんど出来ませんし、トレモ感覚で買うと良いでしょう。

 

もう一人の友人とはCOJ、自分も最近ハマっているデジタルカードゲームです。

基本無料もさることながら、紙媒体のカードを使わないで済むし、チェーンブロック等、面倒なゲームのシステムを機械側でやってくれるのが一番の利点です。

こちらは家庭用はありません

 

自分は電撃FCの方は最近は全然やっていませんがCOJはとてもモチベーションが高いです。皆さんも当然モチベーションの高いゲーム、低いゲームがあると思います。

それこそ家庭版は無く一々ゲームセンターまで行かないと出来ないゲームでもハマっているゲームなら苦にもならない事ってあると思います。

 

つまりそこなんですよね、ハマっていれば、モチベーションが高いなら、面倒な事、大変な事、多少の努力や頑張りは自分にとってヘッチャラになるという事。

 

そう考えると凄い、エンジョイ勢だろうがガチ勢だろうが上手くなりたいならモチベーションを上げる、これは全員にとても効果がある薬だと思います。 

上手くなりたいと考えている時点でエンジョイ勢じゃないとかいう見方もありますが、いくらエンジョイ勢だからといって自分の入ったチームが負け続ける、自分のいる場所が穴になってて毎回そこから突破される、自分でスコアを稼がれるみたいな事になってれば気持ちぐらいは。マシになりたいとは思うんじゃないですか? 

エンジョイ勢なんて言ってもゲームをやってる訳ですから。一方的にやられたりするのはゲームじゃない訳で。何にせよ、ならないならその人はエンジョイ勢ですらないのかもしれませんね。

 

ともあれ、そんな魔法のような効力を発揮する「モチベーション」という物

いわゆる「やる気」ですね。これをどうやって出したり維持をするか、というのが

今回の記事の本題です。もう1000字書いてしまったので本題でもざっくりいきます。

 

自分は取りあえずモチベーションを”作る”段階では、原作があるならそれを読んだり、こんな行動がしたいので出来るキャラを探すとか、キャラクターを好きになるとかでモチベーションを作っています。 自分は単純なのでそれで得たモチベーションである程度長く走れて、次のモチベーションを持続させる段階に移るのは他の人より、少し長いのかもしれません。

 

最初のモチベじゃ足りねぇよ、最近はプレイ時間も減ったってなってくる段階

ここは皆さんはどう乗り越えてますかね? 自分はここでwikiを読んで一歩上の応用に入ってみたり、頭でその場所その場所でどう動かすかシミュレートしてみたり、サブクエストを埋めてみたり、誰かに内容を話したりします(話しながら再確認したり)

そんな事をするやる気すら持てないくらいモチベが枯れた時は、アクションならカッコ良い動きを見てそれに憧れたり、二次創作やグッズ、アンソロ。それに対してのインスピレーションを感じられる何かを読んだり見たりする様にしてますね、それでもモチベがダメならキャラを変えたり大人しく別のゲームをやった方が良いでしょうw

 

尚、アクションだとこの段階から私の場合は使うと疲れてモチベも減っていくので大体頭を使わなくなってきます、行動もセットプレイで覚えようとしてワンパになりますw

 

しかしこの段階を乗り越えてしまうともう暫くはモチベが枯れてもフォローも出来るし個人的には長続きすると思いますね、ある程度やりながら、友人を作ったり、目標を定めたりするとモチベも効果的に維持できると思います。PSRやランク、階級など最近のゲームではありますしね。

皆さんもモチベを使いこなして楽しいゲームライフを!

 

☆紹介のコーナー

動画は自分が艦隊これくしょんにある程度満足していた時

何か幅を広げようと考え、史実を知ればもっとのめり込めるかも知れないと思い、

手を出した史実解説動画です。皆さんも興味があれば是非どうぞ

解説も細かく、所々にある例え話のおかげで自分は大分覚えやすかったですね。

それでは

ゲームへの価値観と基本応用

皆さんコンニチワ!

寝て起きてスッキリした頭でもう一更新です。

 

皆さんはどういう事を思ってゲームを買ったりやったりしてますか?

自分は圧倒的に「おっ、このシリーズ好きなんだよね」というパターンです。

しかしこれだと全く新しい物に手を出せなくなってしまいますので

「こんなこと出来るゲームをやりたいな」と「このキャラはブヒれそう」をいった決め方をしたりしますw

 

自分はすぐに盛り上がれる人間なので、ちょっとFPSの新しい技術だとか、格闘ゲームの考え方とか自分にとって真新しい情報を教わったりするとそのジャンルがやりたくなって買ったりしてしまいますね。 頭の中では聞いた話で上手くなったつもりなのでボロボロにされて悲しくなったりしますw この現象はもう中学生ぐらいから起こっています。

 

ゲームに限った話ではありませんが「基本力」と「応用力」という物があります。

人間は人生で色々特技だの自分にはこんなことが出来るぞ!みたいなのを沢山作って自分の魅力にしていくと思いますがその大半にあると思うこの二つ。

 

往々にして初心者が育てていくのは基本力が先で、基本を踏まえた上で応用が生きてきたり、基本を踏んでないと応用の使い所みたいな物は分からなかったり、そもそも応用の行動の意味が解らなかったりします。

人から聞く、そのゲームの情報やネットで検索して知りたい情報は大体応用の話。

当たり前ですが誰もダッシュやガードのやり方の話なんてしませんよね?

 

自分はそれが強く、基本を蔑にして応用を優先させがちな部分があります。

ガードにも2種類あるのに1つしか使わなかったり全部応用ので弾いたり捌いたりしようとします。

その結果、ちょっとだけ知識があってやったことはあるが下手くそなゲームが量産されていくという悲しい無限ループに陥っています。何か突き詰めて上級者になりたい気持ちがあるのですが過去そんな事が出来たゲームや物事はホント極僅かです。

 

しかしもう良い歳だし、そんな自分を変えたいと思っています。

”あぁ、あのゲームの有名コテのこばるとさんか”ぐらいの知名度が欲しいと、本当に常々思っていた(対戦ゲームなどで)所に新しくゲームを始める機会が出来ましたので

4月に新しく始めたアーケードのTCG、COJは基本からみっちり頑張っているつもりです。 

 

こうやって真摯に向き合ってダメな所を反省したり、今日のクソだった部分を思い返したりするのは情けなくなったり恥ずかしくなったり悲喜交々ですが、これはゲームに真面目に向き合ってる友人がやっていたのでそこから真似てみたりしてます。

無駄を省き効率よく練習をするという彼の言葉は強く胸に響いてます。

 

今の時代では、それこそネットで強い情報などはすぐに蔓延するので、自分にもそれを取り入れ、その人達と差を付ける為、数をこなし、頭を使う、アクションの場合はそこから操作の丁寧さや反射神経なども磨いていかなければならないので最近では自分には向いていないと思い(操作が下手くそなので)、上を目指し真剣に取り組むならこういうプレイヤースキルへの負担を軽減してくれるボードゲーム形式のゲームを何年か頑張ってみようと思います。

 

勿論、対戦アクションゲームを辞める訳ではありませんが基本力を養うぞ!といった感じではなく本当に趣味で動かそうぐらいの気持ちに切り替えてやっていくつもりです。努力もしてない人間が悔しがるのはお門違いですしねw

 

そういう訳で自分にとってゲームはコミュニケーションツールであると同時に

自分はこれがこんなに出来るし、こんなに知ってるぞという自分に付加していく魅力(それが魅力に聞こえるのかは分かりませんが)特技や趣味の様な物だと思っています。スポーツですかね? 最近は否定気味でしたし、真剣にやるのもゲームによるので一概には言えませんがそこは変えられない様ですね。

 

価値観が分かれば自分の中でのその物事の立ち位置が分かり、立ち位置が分かれば向き合い方が分かり行動に理由まで付いてくる、これなら努力にも身が入るよね?

という記事でした。 ではでは

ブログはじめました

どうも初めまして!

 

先日さるお方からこんなお言葉を頂戴しました。

「毎日何かを続けてる人はここぞという時に強い」という言葉

ゴルフの有名な彼や野球の偉人、ドイツの軍隊さんまでやっているという折り紙つき

続かなかった経験が2、3度あるブログという奴を再び始めてみた次第です。

 

幸い文章を書くのは得意な分野ですので、自分のやっているゲームの話を

文章に落として気持ちをまとめたり、反省に活かしたり後で読み直したりしようかと

 

何文字くらいを目標にするのが良いのか分からないので、

安定してくるまでは500字以上を目指して書いていきます。

 

と言う訳で、まずは自分の事から書いていきましょう。

何を隠そうこのブログの管理人である私は「こばると」と申します。

幼い頃からビデオゲームが好きだった私は、小中高とゲームをやり続け、

23の今も飯風呂睡眠に並んでゲームだけは変わらず続けていますw

 

とまぁこういった形で良い感じのゲームオタクに成長した自分ですが、

最近、壮絶な事に気が付きました。

 

昔の自分はゲームをやって楽しい気分になるという楽しみ方だった筈でしたが

最近は、友人との共通の話題としてゲームをやる、感じになっていた様で

別段ゲームをゲ―ムとして楽しめなくなって来てるんですよね、うん

何を書いているのか分からなくなってきたのでこの話はここまでにしますが

 

そういった事もあり最近はフワフワした気持ちでゲームをやる事が多いです。

別にゲームなんだからそれで良いだろ、という意見もありますが

物によっては上達したかったり、ある程度まで上手くなったりはしたいので

そういう時にこの気持ちが邪魔をします。

 

まぁそういう時にですね、このブログで思った事をバーって書いたり、考えていること悩んでる事を書いて文章に記しておくことで、後でそれから反省したり対策したりしようかなーってのも狙いです。 あ、これ自己紹介じゃねぇな

 

最近はCOJをもっぱらやっています。

いずれCOJの記事も取り扱ってまとめアンテナ入りをしたいなぁと思う反面、

知識量が追い付いていないのでいつになることやらですねw

 

というかこのブログ、艦これかCOJ

後は愚痴ノートみたいになりそうで怖いのですが、

この歳になって、まともに続けてる事が人間としてのルーチンとゲームでは些かキチガイみたいになって来てるので続くように頑張りたいなぁという意気込み

 

それにどうせブログ続けるならやりたい事もあります。

世の中にゲームを布教していく為に紹介のコーナーを設けたり、動画投稿したら宣伝したり、リンクや他のコンテンツも設けていきたいですね、自己満足大いに良し

では最初のゲーム紹介のコーナー

 

STELLA GLOW

STELLA GLOW

 

 はい、という訳で昨日発売のSTELLA GLOWです。

発売に紆余曲折ありましたが、無事発売して良かったですね

イメージエポックも浮かばれます。

 

主人公は結晶化された自分の村を助ける過程で、クエストやイベントで

出会うキーパーソンでもある魔女っ娘とキャッキャウフフするゲームですw

ちなみにアドベンチャーパートと戦闘パートがあり、アドベンチャーパートは

某野球ゲームのサクセス、戦闘パートはGジェネといった感じですかね(伝われ

興味のある方は公式などでスクショやPVを見てみると良いでしょう

 

といった所で今回はこの辺でー!

調子乗って1,400字も書いてしまった