読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こばぶろ

日々のゲームの感想と反省など

今年の抱負とくすぶってる格闘ゲームへの気持ち① 序章~メルブラとカプエス~

熱で動けないので格ゲー経歴についてまとめてみた

自分用のメモでもある。先に補足。

時系列順に縦に書いてあり、同時期にやっていたものは横に広げて書いてあります

 

赤色はその時一番力を入れてプレイしたタイトル

青色は上記に加えその時期以降も力を入れてプレイし続けた物となります。

自分は燃え尽きる性質なので上記二つを満たしてる物は中々ありません(笑

 

・小学生

マブカプ2

・中学生

スト0
スト2 
スト3カプエス2(PS2) カプエス2(GC版) GGXX MBAC KOF11 ~
~ NEOGEOBC ファイティングジャム SVCchaos サムスピ色々

・高校生

GGXXAC MBAA

BBCS スト4 すごカナ
スパ4 マヴカプ3
スパ4AE スト3rdST スト鉄
スパ4AE2012 KOF2002UM
ウル4 KOF13 パッツァ P4U
UNI ニトブラ 電撃FC 電撃FCI
スト5 BBCF

 

なんというかまぁ、これを見れば分かる通り私は生粋のカプコン格ゲーマーです。

稼働初期はアークやエグサム製のも触ってはみるのですが、すぐに投げてしまうんですよね^^;

 

 それぞれの時期に補足を加えながら説明していきます。

自分が格闘ゲームにハマったのは忘れる事も無い中学三年生の梅雨の頃です。

(今までもやった事はあったがマヴカプは近くの駄菓子屋でガチャガチャしてただけで、ストゼロに関しては友人のゲンにスライディングだけでしょられる&コマンド技は何一つ出ないという驚愕の殴り合い)

スマブラ漬けの日々に飽きてかは分かりませんが友人の家でやったGC版のカプエス

こちらですね。

f:id:cobalt_1228:20170105075724j:plain

 このゲームでGCのコントローラーの無駄に多いボタンに必殺技を割り当てて

初めて波動拳を任意のタイミングで出して対戦した記憶があります。

超必もボタン同時押しで発生したので、この時にキャラクターの全ての技を用いて戦う、という事が出来た事になります。 

 

しかしそれから幾何もしない内にこのゲームが友人の元から紛失しPS2版に以降する運びとなりました。 私にとって格闘ゲームを真に始めたというのはここからでしょうか

とても幼い頃から何でもこなせるゲーマーになりたかった自分はここで入力して技を出そうとして指に血豆を作りながら頑張りました。 それこそ学校を毎日サボってw

その甲斐あって比較的間を置かず、入力は出来る用になりました。

自分は1タッチでの入力なので今でも昇竜は出ないことが多いですが当時友人に言われた昇竜の入力のコツ「歩きながら波動拳というのは笑ってしまうぐらい正論でしたw

 

同時期に通称MBAC、メルティブラッドPS2版とも出会います。

f:id:cobalt_1228:20170105081833j:plain

このゲームとカプエス2、私の青春はこの二つといっても過言ではないくらいやり込みました。 カプエス2に至っては今でも友人とプレイしますしゲームセンターで残党狩りを繰り返しています。(笑

このゲームでは先に始めていた友人たちに教わりながら毎日50敗はしていたのでへそを曲げずに向き合う力みたいなのは確実に学べましたw 

他にもガードの基礎とか操作の速さでしょうか?

このゲームは投げぬけこそ無いもののガードブレイクという概念も無いので

その気になれば一生守っていられます。(まぁ分身したり残像だしたりしながらジェットの様な速度で投げてくるのでそうもいきませんでしたが)

 

更に通称コンボゲーと言われるチェーンコンボエリアルの概念があるゲームだったので勉強が嫌いな私も当時は知識集めに必死でした。その頃にはアナクロカプコン制の格ゲーなんてダサいみたいにもなっていたのか、必死に食らいついて自分の上達を促した記憶があります。

GGXXエリアルや地上でのチェーンコンボ(GGではガトリングルートという)を挫折していたので多少簡単なこちらのゲームを好んでよくやりました、知りたての萌え文化という事もあり秋葉を選んで当時の最強プレイヤーの真似をして低空で炎を出したり、風呂に入りながら技の使い方を考えたりなど、所謂格ゲーの定石みたいなのを手探りで探していました。

この時の考えてプレイするというのが継続できていたなら、もっと成長し上達出来たんだろうと思う、今となっては10年前の出来事だが悔しい

 

更にホントに考えて居たのだろうか? 

割り込む事、暴れる事、メルブラのシステムであるシールドを併用しながらの投げ暴れ

こういった不利な状況でパナす事に味をしめた私は

格ゲーでの定石であるターン制だという事に気付くのはもっと後になるのだった

 

何にせよこのゲームとカプエス2で完全に格闘ゲームに目覚めてしまった私は

今までつるんでいた奴らとの交流をきっぱり止め、格ゲー仲間としか遊ばなくなりました、何とも薄情な奴ですねw 当時音ゲーも真剣にやっていましたがあちらは脳のリソースを割かないからか格ゲーと並行してプレイする事が出来ていました。

今では複数タイトルを同時には真剣に出来ません。老いたなと思うトホホ

 

紹介だけで終わってしまって何も進んでないのですが取りあえず今回はここまで

この記事を書きながらPCの音声出力がおかしくなり、右側の音が飛ぶようになりました、もうGtuneくれ